稲垣浩

稲垣浩(いながきひろし、1944年5月5日-)は釜ヶ崎地域合同労働組合委員長、釜ヶ崎炊き出しの会代表、釜ヶ崎結核患者の会代表、釜ヶ崎寄せ屋友の会代表。

略歴

大阪市立西淡路小学校、淡路中学校、大阪高校卒業、家族は妻と子供二人。
1966年3月兵庫栄養専門学校卒業。
1966年3月給食会社に勤める。
1970年5月給食会社一富士で労働組合を作ろうとして解雇される。同年6月、安保闘争に参加し東京で不当逮捕され、中野刑務所で9ヶ月間未決拘留。
1971年3月釜ヶ崎で日雇労働をしながら全港湾西成分会に加盟。暴力手配師追放釜ヶ崎共闘会議結成に参加、仕事保障期成同盟、釜ヶ崎日雇労働組合を結成し初代委員長となる。
1972年6月暴力手配師追放釜ヶ崎共闘会議結成に参加。以後12回不当逮捕される。
1975年12月10日この日より年間を通じての炊き出しを始める。
1978年5月釜ヶ崎解放会館設立。
1979年4月釜ヶ崎労働者の代表として初の大阪市議選を闘う。
1981年3月釜ヶ崎地域合同労働組合結成。
2006年12月釜ヶ崎解放会館に3300人が住民登録をしている問題が発覚。
2007年4月大阪市議会議員選挙に無所属で立候補し1081票で落選した。
2007年8月9日威力業務妨害罪で懲役1年、執行猶予3年の判決を受ける。
2008年6月18日西成署への抗議を呼びかける際に車を無許可で路上に止めたとして道路交通法違反の疑いで逮捕される。
2009年2月27日大阪地裁で「意図的に人を集めようと演説し、実際に交通が妨げられた」として懲役2月(求刑懲役3月)の判決を受けた。
2009年7月22日大阪高裁控訴棄却
2009年10月29日最高裁上告棄却
2010年3月10日収監
2010年11月25日仮釈放
2011年4月10日大阪市議会議員選挙820票で落選。

著書

いながきひろし、1989『釜ヶ崎炊き出しのうた』海風社

関連リンク


  • 最終更新:2013-09-28 13:20:06

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード